障害のお話パート6 東京と地方の公共性

障害のお話パート6 東京と地方の公共性
地方人よりも東京の人のほうが、公共性が身につく訳です。
ですからイコール、東京では障害者に親切にするのが当たり前。
そして、障害者は東京のほうが優しく感じるわけです。
一見、地方や田舎のほうが、人間的に優しいと思うわけですが、
地方や田舎の人のほうが、公共性が見についていない、
と言うか、
公共の場での立ち振舞に慣れていないのでしょうね。
優しくて公共のモラルが高い、地方都市や田舎にも方はもちろんいますがね。。。
あと東京は、とにかく人が多すぎてね。
誰が上でも下でも分からないというか、
そんなこと本当どうでもよくて、
皆んな平等であるという考え方が根付いている気もしますね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.