遺伝とバストの繋がりってあるの?

最近では、バストサイズをあげられないのは、遺伝の関係というよりも日々の生活が似ているのが
原因というのが主流となってきています。不適切な食生活(必要に迫られて、改善を余儀なくされることもあるでしょう)や運動不足、睡眠不足などが、胸が成長することを妨げているのかも知れません。
家族の間でもバストのサイズがちがうことは、一般的なことですから、成長する可能性があるようです。
バストアップに効果があるというツボを、刺激するのもいいのではないでしょうか。
だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボがバストアップに効くツボであると名高いです。
これらのツボを刺激することによって、血液の循環がうながされたり、女性ホルモンが多く分泌されたり、
乳腺に対して良い効果があると考えられていますが、効くのにある程度時間がかかるのです。
バストアップの方法を考えると、エステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)
のバストアップコースもあるようです。エステで胸へのケアを行なうと美しく、
形の良いバストとなるでしょう。一度や、二度で終わらせず、つづけて行くことで徐々に胸が
ふくよかになることもあるようです。けれども、お金もたくさん必要ですし、
当たり前ではあるようですが、整形ともまたちがい、自宅でも継続したケアをしないと、
また、小さな胸に逆戻りです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.