円満退社のコツとは?転職経験豊富なおじさんが語る

円満退社、次の職が決まったら気持ちよく退社したいですよね。

退職する意思が決まれば、やるべきことは自ずと見えてきます。
ひとつひとつ丁寧にクリアしていきましょう。こちらのサイトを参考にされるとよいです。
https://noahis-recruit.jp/

退職する者と残される者、お互い人間ですから、できれば円満に退職したいものです。
細かく言えばキリがありませんが、大切なのは「義理を通す」という事になるのではないでしょうか。

退職にまつわるトラブルの原因として、「退職者の不義理」があります。
例えば、「急に連絡がつかなくなり出社しなくなった」
「業務についてなんの引継ぎも行わなかった」などです。

いくら辞める身とはいえ、これではあまりにも身勝手な行動だと思います。
一時だったとはいえ、雇用してくれ生活を支えてくれた職場です。
最低限の礼儀は忘れないようにしましょう。

なかには、こちらがキチンとした態度で臨もうとしているにも関わらず、
職場サイドがそれを果たそうとしてくれない場合もあります。

そうした時は感情的にならず、職場側に非があることを示すものを残すようにしてください。
具体的には会話や電話音声の録音、メールや文書の保存などです。
のちのち大きなトラブルに発展する可能性もゼロではありません。
自己防衛として出来る限りのことをしておきましょう。

とはいえ、キチンと筋を通せば何事もなく退職になることがほとんどです。
上司や同僚など、関わった人達へ社会人としての礼儀を果たすことに注力しましょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.